ローディング画像

nexus構想とは?

新しいまちの実現に向けて、
生活者起点でのまちづくりを推進する「nexus構想」。
企業や行政との協業により、
循環型のコミュニティや地域ネットワークを構築し、
生活者一人ひとりの自由で豊かな暮らしを実現するための
活動に取り組みます。
本構想では、東急沿線郊外の多摩田園都市をnexus構想エリアと位置づけ、
住む・学ぶ・働く・遊ぶといった生活が自然や農と融合する、
「歩きたくなるまち」への進化を目指します。

nexus構想とは?

さまざまな仕組みが中央集権型から自律分散型へ
まちも、地域の個性を活かした自律分散型都市へ。
生活者一人ひとりの個性やしあわせ
そして、社会や環境の持続可能性
両者共存のしくみを生活者起点でつむぐ。
地産地消、余剰と不足の融通、互酬性の関係などの共感・共助の循環
私(プライベート)と公(パブリック)の間の共(コモンズ)をつくる
nexus構想は、こうした地域のコモンズづくりです。
第一弾は農と食の循環、加えてエネルギー、
資源循環、モビリティ、ウェルネスや教育など、
地域のさまざまなサステナブルテーマにおける地域のコモンズを
生活者と共につくっていきます。

nexus構想の想いをもっと知る

読みもの

nexus構想に関わるメンバーが更新している「nexus note」
私たちの取り組みや関わるメンバーの想いをお届けします

nexus構想の取り組みをもっと知る

未来のバディへ

contact